フォトフェイシャル治療とは

シミの美容医療の一つ・フォトフェイシャル治療とは

シミの美容医療の一つ

シミの美容医療の一つにフォトフェイシャル治療というものがありますが、フォトフェイシャル治療とはレーザー光線ほど強くない「IPL」という光線をシミに照射して治療するものを言います。

フォトフェイシャル治療は顔全体に行うことができて、光線の照射は一回10分ほどで、少しピリピリとした痛みを感じます。
フォトフェイシャル治療の効果としては月に1回ずつ、1~2年間治療を続けることで、シミが少しずつ薄くなると言われています。また「IPL」という光線が皮膚の深いところまで到達することで肌質が滑らかになるとも言われています。

またフォトフェイシャル治療を受けたあとにはレーザー治療のことなり、肌が赤くなったり、かさぶたが出きるということはなく、痛みも感じないと言われます。
フォトフェイシャル治療のデメリットとしては施術後、長い時間がたつとシミが元に戻ることもあると言われています。

金の糸(美容法)とは

金の糸 とは美容法の一つで、ゴールド・フィラメントはメスを一切使用せず、髪の毛程の細さである直径0.1mmの24K金(純金)の繊維を、シミ、シワ、たるみ等の部分に入れ、皮膚や筋肉細胞を活性化させる美容法のこと。

金の糸の言葉の由来はエジプトのクレオパトラ墓で金の糸が見つかった事から。その糸がクレオパトラの若さの秘訣とされている。

クールタッチレーザーとは

クールタッチレーザーとは、レーザー機器の一種で、美容整形外科医などで使用されています。冷却ガスをレーザー照射と同時に噴射して、皮膚に熱のダメージを与えないように設計されたレーザー機器です。レーザーは新しいコラーゲンの発生を促し、しわや肌状態を改善します。