シミ・そばかすの除去

シミ、そばかすなどに有効的な治療法・レーザー治療によるシミ・そばかすの除去とは

レーザー治療によるシミ・そばかすの除去

レーザー治療は、紫外線が原因となったシミ、そばかすなどに有効的な治療法と言わています。特にレーザーがメラニン色素に対して反応するために、紫外線のダメージが重なっておこる老人性色素斑やそばかすなどは、1~2回といった数回の治療で目立たなくなるといわれています。

また太田母斑やホクロ、青色母斑、入れ墨などではある程度の頻度をもってレーザーを照射することが必要と言われており、それでも照射頻度を重ねることで目立たなくなるといわれています。

レーザー治療でシミやアザが取れる理由

表皮や真皮の中に色素細胞や物質が一箇所に集中している状態がシミやアザですが、そのシミやアザにレーザー光線を照射すると色素細胞は色が濃いため光を吸収します。レーザー光線の働きによって光を吸収した色素細胞は破壊され、破壊された色素細胞の箇所にそして周りの健全な細胞が増殖して修復します。

壊れた色素細胞はかさぶたになって皮膚の表面から剥がれ落ちます。また皮膚の深い部分にあるレーザー光線の照射によって壊れた色素細胞は血管やリンパ液を通して体外に排出されていきます。このようなプロセスで、レーザー治療でシミやアザが取れるようになります。

Qスイッチ(スィッチ)・ルビーレーザーが効果的な症状とは?

レーザー治療で使用される医療レーザーの中にQスイッチ(スィッチ)・ルビーレーザーというものを耳にします。このQスイッチ(スィッチ)・ルビーレーザーは主にシミ・老人斑やソバカスの除去や太田母斑や扁平母斑のアザの治療に効果的といわれています。

アザやシミ、ソバカスの除去、タトゥーの除去治療器具として位置づけられるQスイッチルビーレーザーは、単一波長を持つ強力なレーザー光を発し、そのレーザー光がメラニンによく吸収され皮膚真皮中のメラニン含有細胞やメラニン顆粒を選択的に破壊し短い照射時間で肌に傷をつけることなく、治療が行えるとも言われています。そのために、安全で効果的なアザやシミ、ソバカスなどの治療が可能と言われます。

日焼け跡のシミや加齢に伴うシミの老人斑やソバカス(雀卵斑)が気になる方、太田母斑、扁平母斑といったアザの治療にお悩みの方にとって「Qスイッチルビーレーザー」によるレーザー治療は一考かも知れません。

こちらの新宿美容外科ではQスイッチYAGレーザーを使ってシミ取りを行っているのでおすすめです。
従来のレーザーでは治療が難しかった肝斑(かんぱん)や、入れ墨の除去や毛穴、にきび治療などにも効果があります。

シミでお悩みなら新宿美容外科クリニックへ